債権回収は督促から

債権回収で弁護士が最初に行うこととしては、書面による督促があります。財産の調査も大切ですが、それとともに書面で支払いを促して円満解決を求めることも重要です。弁護士による督促の効果は意外と大きく、その後の訴訟の可能性などをにおわせることもでき、その前に支払いをさせられることも多いものです。弁護士名義の督促で支払う気にさせることができれば、債権回収で裁判などの面倒な状態まで進むのを食い止められるでしょう。

債権回収の書面による督促で利用されるのは、内容証明郵便です。これは普通郵便とは違い、送った書面の内容を証拠として残すことが出来るという特別な郵便です。相手は受け取りを拒否することもできますが、受け取った場合に正しい方法で反論がないとそれを認めたという証として利用することもできます。相手に対して公的に債権を確認させて、回収の権利をゆるぎないものとします。

個人でも内容証明郵便を送ることは出来ますが、その内容に契約と齟齬があったり、間違った記載をしてしまうとその後の交渉のトラブルになります。そのため、正しく書面を作成してもらう方が安心です。また、個人名よりも弁護士の名前で内容証明が送られてきた方が相手の気持ちを揺るがすことができるようです。